家庭用光脱毛器ケノンは、ほくろがあると使用できない?

家庭用光脱毛器は、少ない痛みで減毛・抑毛処理ができるという理由から、さまざまな種類の家庭用脱毛器の中でも高い人気を誇っています。
とりわけ、家庭用光脱毛器ケノンは、口コミを確認してみても評判が良く、正しく使用すれば高い確率で減毛・抑毛効果を期待することができるでしょう。
ですが、家庭用であっても、光脱毛器である以上、脱毛エステで受けることができる光脱毛と同様に、使用に際しては注意が必要です。

ケノンはほくろがあると使えないって本当?

ケノンは脱毛ラボなどでお馴染みの光脱毛器に分類されますので、照射の際には黒いメラニン色素に光が反応します。

では、ほくろがある部分への照射は可能なのでしょうか。

これはほくろの色素の濃さにもよりますが、ほくろはメラニン色素の集積によってできていますので、ほくろ部分へは、基本的に照射することができません。

また、濃い色素を持つという点に於いては、色素沈着部分やアザ部分への照射も行うことができません。

ほくろがある部分はこの方法で!

ほくろがあるとケノンを使うことができない。

こう聞いて、落ち込んでしまった方がいらっしゃるかもしれませんね。

でも、大丈夫、ほくろがあったとしても、その色素さえ隠してしまえば光を照射することは可能です。

それは、透明ではない肌色や白色の医療用テープまたはテーピングテープをほくろの大きさに合わせてカットし、ほくろ部分に張り付けてしまうという方法です。
この方法であれば、ほくろがあったとしても、その部分の色素がテープに覆われていますので、ケノンの光を照射しても問題ないと考えることができます。
これはアザでも同様ですが、太田母斑や扁平母斑などの特殊なアザの場合では、光の照射を行うことができないことも考えられますので、ケノンを使用する前に皮膚科医に相談してみると良いでしょう。

では、色素沈着ではどうなのでしょうか。

色素沈着もまた、そのレベルによって光が反応することが考えられますが、日焼けレベルの濃い色素でなければ、照射に際しては問題ないと考えられます。

ただし、自己判断が危険な場合もありますので、不安を感じたのであれば、脱毛エステでカウンセリングを受けてみて、光脱毛が可能かどうか確認してみるという方法がおすすめです。

また、ご自身で光の照射が危ないと危ないと感じるレベルの色素沈着の場合には、美白化粧品などでケアを行い、色素沈着部分の色素が薄くなったところでケノンを使用するというのもひとつの方法です。