一般常識試験は、それ程難易度の高い問題が出題されることはあまりないので、あまり深い知識などは必要とされていないでしょう。しかし、出題範囲がとても広く、中学高校レベルの社会・国語・英語・数学・理科などの基礎的な学力以外に、文化や時事についての問題も出題されるのです。時事問題は国内外を問わず、幅広い分野から社会人として知っておくべきことが多く出題されます。なので、常に新聞やニュースをみる癖をつけて、今起こっている事件や経済の動きなどにアンテナを張りめぐらせておいた方が良いでしょう。その事柄に対してのあなたなりの意見などを持っていると、面接の時に活かすこともできるため、わからない言葉などがあるのであればその都度チェックしておくことがお勧めです。国語の問題は主に社会人として必要な言語能力を問われることはもちろん、漢字の読み書きやことわざ、四字熟語などが出題されます。正しい日本語の使い方をしっかりとマスターしておく必要があるはずです。英語に関しては、高校生レベルの能力を問うような問題が出題されるのですので、普段から英字新聞を読んだりして英語に触れておくといいかもしれませんね。算数は基本的な計算や関数問題が出題されることが多いです。重要な公式や定理などは復習しておくと役に立つでしょう。理科は化学のみならず、物理や生物などからも出題されるので、他の科目と比べると出題範囲が広くなりましたね。基礎的な内容をくり返し復習して、よく覚えておきましょうー